トップページ → 新着記事一覧

米海軍艦艇の小樽港入港に関する申し入れを実施

連合北海道は、米海軍ミサイル巡洋艦「アンティータム」が2月1日から、第七艦隊旗艦・揚陸指揮艦「ブルーリッジ」が2月8日から小樽港へ「親善」を目的として入港しようとしていることを受け、1月28日、在札幌米国総領事館と北海道に対しこれに反対するよう申し入れを行った。

続きはこちら

「北海道ハイ・タク最賃協議会」幹事会、学習会を開催

北海道ハイ・タク運転者最低賃金協議会(略:北海道ハイ・タク最賃協議会)は、1月9日、札幌市内で2019年度第1回幹事会と学習会を開催した。

続きはこちら

2019年度組織拡大推進特別委員会及びオルガナイザー研修会 開催報告

連合北海道は12月6日~7日の2日間に渡り、ホテルポールスター札幌において、「2019年度組織拡大推進特別委員会」及び「オルガナイザー研修会」を同日開催した。構成組織や地域協議会から、本委員会50名、本研修会25名が参加した。

続きはこちら

渡島地協 自主福祉担当者および書記研修を開催

11月30日(金)、ホテル函館ロイヤルにおいて、道南ブロック労福協主催による「地域講演会」及び「2018年度・労働者自主福祉担当者及び書記研修会」が開催された。

全文を読む

「36協定」の締結を浸透させる活動「Action!36」をスタート

2019年4月1日より、①罰則付きの時間外労働の上限規制や、②年次有給休暇の取得促進に関する使用者の付与義務などの改正労働基準法が施行されるが、連合は今秋より来年3月末までの間、長時間労働を是正し、組合の有無にかかわらず、すべての職場でのより良い働き方の実現を目指し、36協定の適切な締結など、職場における取り組みの徹底とともに、地域や社会における機運の醸成を通じて、働く人たちのセーフティネットづくりを目指す「Action!36」を展開する。その行動の北海道段階でのキックオフとして連合北海道、連合北海道石狩地協、札幌地区連合合同の街頭宣伝行動を11月5日、札幌市内で実施し、マイクや産別参加者によるチラシ配布で「36協定」の内容などについて説明し、連合の取り組みに理解を求めた。

続きはこちら


トップページ → 新着記事一覧