トップページ → 新着記事一覧

道内食材評価に向けた学習・試食会を開催

11月6日、連合北海道と食・みどり・水を守る道民の会は、労働者(消費者)が北海道の生産者が提供する安心安全で食味の高い道産品を再認識し、率先した購入・消費による地産地消の促進と北海道の一次産業の活性化を目的に「道内食材評価に向けた学習・試食会-おいしい。あんぜん。北海道2019~生産者の想いを道民に~」を開催した。本事業は2018年から始まり、今年で2回目を迎えた。

続きはこちら

「連合北海道地域活性化フォーラムin日胆」を開催

連合北海道は10月22日、地域振興策などを考える「地域活性化フォーラムin日胆」を室蘭市で開催(胆振地協、日高地協共催)した。
フォーラムでは「鉄のまち室蘭!希望の灯をふたたび~働き方改革から見える、もの・ひと・まち~」をテーマに講演とパネルディスカッションが行われた。

続きはこちら

「賃金明細を確認してくださ~い」最賃街宣を実施

連合北海道と連合北海道石狩地協は10月25日、札幌駅西口で最低賃金の周知街頭宣伝を行った。マイクで「最低賃金は3日から861円に改定されています」、「給料明細を確認して」等と市民に呼びかけると共に、連合組合員約20名が市民にチラシを手渡し周知を図った。
宣伝行動は改定日前日の2日にも実施しているが、引き上げ後、最初の給料日を迎えると思われるタイミングで再度実施した。

続きはこちら

10年目の食と環境まつり

3日前までは台風の影響が懸念された10月5日、前日までの雨が嘘の様に晴れ渡った秋空の下、函館市・旧シーポートプラザ前広場において「第10回食と環境まつり」が開催され、組合員・家族・退職者のみならず、前年にも劣らない多くの市民で賑わいを見せた。

全文を読む

秋晴れの下、親子で稲刈り

秋晴れの爽やかな天候に恵まれた9月28日(土)、七飯町中野にある水田では60名の親子が参加し、アジア・アフリカ支援米稲刈りが行われた。

全文を読む


トップページ → 新着記事一覧