トップページ → 新着記事一覧

全道キャラバン通信59号 北海道は「一つのかたまり」で闘う!

渡島地協から街宣車を引き継いだ胆振地協では11市町村を訪問。室蘭市や伊達市等9ヵ所で街頭演説を行った。19日に苫小牧市で開催された「胆振街頭集会」では、9区の山岡達丸衆議(国民民主党)の他、10区の神谷裕衆議(立憲民主党)、参議院北海道選挙区の小川勝也参議(無所属)の三氏が次々にマイクを握り、働き方改革や森友、加計疑惑をはじめとする国会の情勢について報告し、「野党はいろいろあるが北海道は一つのかたまりで闘う」と決意を述べた。

続きはこちら(キャラバン通信59号)

 

全道キャラバン通信58号 檜山、渡島17市町村を走破

後志から道南へと引き継いだ街宣車は、14日~15日檜山、16日からは渡島管内各地を駆け巡り、檜山では福原前道議が同行して6町村・3ヵ所、渡島は11市町村を訪問し、函館市内では推薦議員の応援を得て3ヵ所でそれぞれ街宣を行い地域住民に働く者のための働き方改革をはじめとする連合の考えに理解を求めた。

続きはこちら(キャラバン通信No.58)

全道キャラバン通信57号 後志管内全市町村を街宣

5月11日夕方から後志管内に入ったキャラバンは、11日夜には小樽駅前で地区集会を開催。12日早朝から余市町(街頭演説)・赤井川村・仁木町・倶知安町(街頭演説)・京極町・喜茂別町・留寿都村・真狩村・ニセコ町・蘭越町を回り、翌日13日は、古平町・積丹町・神恵内村・泊村・共和町・岩内町(街頭演説)・寿都町・島牧村・黒松内町(街頭演説)の管内1市13町6村の全てを訪問した。

続きはこちら(全道キャラバン通信57号)

室蘭工業大学で寄付講座を開催

連合北海道は、5月9日、室蘭市にある室蘭工業大学にて、寄付講座を行った。この寄付講座は、今年で3年目。

詳細はこちら

全道キャラバン通信56号 全道キャラバンがスタート

連合北海道は「クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン」第3弾の行動として、5月10日~6月8日までの約1ヵ月間の日程で、道内13地協による全道キャラバン行動を実施する。
全道キャラバン行動では国会で審議されはじめた働き方改革関連法案に含まれている高度プロフェッショナル制度等の問題点をはじめとする別記の運動課題について道民に広く理解を求め、世論喚起を図ることとしている。

続きはこちら(キャラバン通信56号)


トップページ → 新着記事一覧