トップページ → 新着記事一覧

2月判例研究会の開催

2月の判例研究会は、「JR東日本(退職年度期末手当)事件」(東京地裁 平29.6.29判決)がテーマです。

これは、賃金規程変更に伴って4月定年退職者の期末(夏季)手当が不支給となったことが、合理性のない差別的取り扱いであり公序良俗に反し違法として争われた事件です。

2月15日(木)午後6時半から、かでる2・7で開催しますが、参加には事前登録が必要です。

参加を希望する方は連合北海道組織労働局までお問い合わせください。

北海道ハイ・タク最賃協議会幹事会、学習会を開催

北海道ハイ・タク運転者最低賃金協議会(略:北海道ハイ・タク最賃協議会)は、1月10日、札幌市内で2018年度第1回幹事会と学習会を開催。幹事会では紺野則仁議長(連合北海道副会長、北海道交運労協議長)をはじめとする2018年度の役員体制や連合北海道2018春季生活闘争方針について確認した。

続きを読む

平和連鎖学習会 講演録

「在日米軍基地の整理・縮小」「日米地位協定の抜本的見直し」の実現にむけた平和連鎖学習会の講演録を掲載しました。

演題:「米軍駐留の内実」

講師:琉球新報政治部記者 島袋 良太 氏

講演録はこちら

 

2018年度組織拡大推進特別委員会の開催

12月7日(木)、ホテルポールスター札幌にて、「2018年度組織拡大推進特別委員会」を開催し、産別33名が参加した。

続きはこちら

2018年判例研究会のお知らせ

連合北海道では2018年も労働法にかかる「判例研究会」を開催します。

毎月第3木曜日の午後6時半から8時まで、かでる2・7(北2条西7丁目)において、

道幸哲也北大名誉教授の指導の下、最新の労働判例を学びます。

受講ご希望の方は登録をお願いします。

開催要領はこちら

登録用紙はこちら

ちなみに、1月は「西条市(市立周桑病院)事件」(指定管理者制度導入に伴う分限免職処分)

がテーマです。


トップページ → 新着記事一覧