トップページ → 新着記事一覧

経済・雇用の緊急申し入れ-新型コロナで北海道に-

新型コロナの感染拡大が日本の社会・経済にリーマン・ショック時を超える深刻な状況であり、道民・事業者・働く者に甚大な影響を及ぼしていることから、連合北海道は5月7日、北海道に対し緊急申し入れを行った。

全文を読む

「検察幹部の定年延長を可能とする」検察庁法改正案に対する事務局長談話

2020年5月18日

「検察幹部の定年延長を可能とする」検察庁法改正案に対する事務局長談話

日本労働組合総連合会北海道連合会
事務局長 藤盛 敏弘

 

 安倍政権は、多くの国民をはじめ元検事総長や元各高検検事長経験者さえも反対する中、検察幹部の定年延長を可能とする検察庁法改正案を国家公務員法改正案との「束ね法案」として審議を進めている。
 連合北海道は、公務員の65歳への定年引き上げについては諸環境の変化等を踏まえた不可欠な勤務条件であり、必要とされる社会的政策と認識する。
 しかし、時の政権の裁量により検察幹部の役職延長や勤務延長を可能とする内容を含む検察庁法改正案は、検察官人事における内閣の関与の範囲など丁寧な議論と国民理解が必要であり、国家公務員法改正案と切り離し審議すべきである。
 昨年秋の段階では単に検察官の定年を延長するだけの検察庁法改正案が、今年春の改正法案では「内閣や法相の判断で検察幹部の定年や役職定年が延長することができる」内容の新たな条項が追加された。
 これでは、検察人事に政治の関わりが大きくなり、時の政権の意に従うよう検察の動きを封じ込めるものとなり、時の総理大臣さえも逮捕・起訴する強い権限を持つ検察官の政治権力からの独立と政治的な中立性が損なわれる。
 内閣委員会での法案審議においては、野党の「定年延長させる具体的基準」の質問に対し、法相は「現時点、定められていない具体的内容を全て示すことは困難」と答弁した。これは政治権力の恣意的人事が生じる可能性を否定出来ず、法の安定性が欠落した杜撰な法案であることの証左である。
 いま、コロナ禍により国民は不要不急の外出を控えている。今この法案を、この国会で扱う緊急性は全く無い。
 安倍政権がやるべき事は、長期的な戦いといわれる新型コロナウイルスで苦しむ国民の命と健康、経済と雇用を守るための第二次補正予算の早期成立であり、医療・研究をはじめとする新型コロナ対策が先決である。
 連合北海道は、主権者である国民を守る三権分立を堅持するため、多くの国民の疑念がある中で、検察庁法改正案を強引に審議し成立させる事に反対する。
 この時期、集会・デモの開催ができない状況にあるが、HPやSNSでの拡散など、民主主義と三権分立を守る取り組みに全力で取り組む。

マスク回収ポストを設置

連合北海道は、政府配布の布製マスクをはじめとする「マスク」を不要としている方から寄付を受け付け、地域の子どもや高齢者の施設・団体に配布するため、全道15か所に「マスク回収ポスト」を設置した。

続きを見る(PDF)

不要のアベノマスク捨てないで!

新型コロナウイルスの感染拡大防止策の一環として、全世帯に一律2枚の布製マスクの配布が始まりました。しかし、「小さくて使いづらい」「市販のマスクが余っている」など、布製マスクが2枚も必要ないという方が多くいらっしゃいます。一方、「子ども用のマスクがほしい」「マスクが手に入らないので布マスクでもほしい」といった本当に必要としている方に行き届いていないのが現状です。
そこで連合北海道は、マスクを不要としている方からマスクを寄付していただき、地域の子どもや高齢者などの施設・団体など、本当に必要としている方にお配りすることとしました。
皆さまのご協力をお願いいたします。

 

寄付受付期間

2020年5月11日(月)から当面は6月30日(火)までとします。
※政府からの配布状況によっては期間を延長します。

 

寄付方法

①郵送する場合
連合北海道各地域協議会宛に送付してください。送付先はこちら

②持参する場合
以下に設置してある「マスク回収ポスト」にご投函願います。
※設置場所によって投函できる曜日・時間帯が限られていますのでご注意ください。

【道央】
・ほくろうビル(札幌市中央区北4条西12丁目)
・地下鉄南北線さっぽろ駅(2番出口表示付近・証明写真コーナー横)
・地下鉄南北線・東西線大通駅(8番出口表示付近・オーロラタウン出口)
・さっぽろ地下街オーロラタウン(インフォメーションセンター前)※休業解除後に設置予定
・さっぽろ地下街ポールタウン(インフォメーションセンター前)※休業解除後に設置予定
・連合後志地協事務所(小樽市色内2丁目13-5 小樽市民センター内)
・連合空知地協事務所(岩見沢市6条西10丁目3-10 岩見沢地区連合会館)
・連合胆振地協事務所(室蘭市東町3丁目26-17 第二山本ビル)
・連合日高地協事務所(浦河町堺町西1-8)

【道南】
・連合渡島地協事務所(函館市新川町2-16 道南労働福祉会館)
・江差町役場(江差町中歌町193-1)

【道北】
・連合上川地協事務所(旭川市4条西6丁目 道北労福センター)
・連合留萌地協事務所(留萌市開運町2丁目 労働福祉会館)
・連合宗谷地協事務所(稚内市中央1丁目2-23 稚内市労働会館)

【道東】
・連合網走地協事務所(北見市桂町4丁目216)
・連合十勝地協事務所(帯広市東3条南11丁目7 労働者会館)
・連合釧根地協事務所(釧路市新富町2-24 釧路労働者福祉会館)

 

その他

★市販の「ガーゼマスク」「不織布マスク」の寄付も受け付けています。
★マスクはすべて「未使用・未開封」のものに限ります。
★手作りマスクの寄付はご遠慮させていただきます。
★身近に必要としている方がいらっしゃる場合は、直接、そちらにお譲りください。

 

チラシはこちら(PDF)

【2020春季生活闘争】妥結情報 第13号

2020春季生活闘争の5回目の回答集計を行いました。

(※第4回はコロナウィルス感染症の拡大防止対策のため中止)

 

【2020春季生活闘争】妥結情報 第13号


トップページ → 新着記事一覧