トップページ → 新着記事一覧

2020平和行動in広島

 「2020平和行動in広島」は、メッセージ等動画配信によるWEB開催としました。
 あらためて、1945年8月6日午前8時15分、広島に投下された原子爆弾がもたらした惨劇とその非人道性、そして平和の尊さを訴え、語り継ぐため、ぜひご覧ください。
 

【2020平和行動in広島】


【内容】
 連合広島会長メッセージ
 広島市長メッセージ
 戦後75年「希望の旗~未来へつなぐメッセージ~」披露ならびにメッセージ
 ピースフラッグリレー(連合広島から連合長崎へ)
 

【連合会長メッセージ】


 

【国際労働組合総連合(ITUC)、ドイツ労働総同盟(DGB)メッセージ】


 

【平和学習コンテンツ】

 連合広島では開催地の地方連合会として「平和ヒロシマ集会」や「連合・原爆死没者慰霊式」「ピースウォーク」「被爆路面電車・乗車学習会」などの諸行動の運営スタッフとして中心的な役割を担っています。
 この度、平和学習特設コンテンツとして「ピースウォーク」「被爆路面電車・乗車学習会」を動画で見られるページが公開されましたので、ぜひご覧ください。
 
 PEACE WALK ON-LINE(連合広島へのリンク)
 広島平和記念公園内にある「原爆ドーム」や「原爆の子の像」などの慰霊碑を巡る平和学習で、全国から集まった参加者に対し、連合広島の各労働組合や女性委員会・青年委員会から選出されたスタッフがガイドを務めています。
 
 被爆路面電車・乗車学習会(連合広島へのリンク)
 原爆の被害を直に受けた「歴史の生き証人」という大きな使命を背負い、現在もなお営業用車輛として使用されている2輌の被爆路面電車に乗車し、沿線の被爆建物や遺構を巡る学習会で、連合広島の青年委員会がガイド役を務めています。
 
 

2020年、戦後75年の取り組み「未来へつなぐ」

 連合は、2020年、戦後75年という節目の年を迎えるにあたって、「未来へつなぐ」をキーワードに平和運動を展開しています。

【希望の旗~未来へつなぐメッセージ】

 全国47の地方連合会をリレーした「希望の旗」に、次世代を担う若者たちから平和へのメッセージが託されました。全国から寄せられた想い、ぜひ動画を通じてご覧ください。

 

【連合・平和検定2020】

 戦後70年の2015年に作成した『連合・平和検定』が改定されました。あらためて戦後を振り返り、学ぶ機会としてチャレンジしてみましょう!

【設問】 【解答と解説】

 

突然のオスプレイ飛来に抗議

連合北海道は、8月4日に米軍横田基地所属のオスプレイ2機が、事前通告もなく、航空自衛隊千歳基地に着陸し、前日には後志管内の上空でオスプレイ3機の目撃情報を受け、5日に北海道防衛局に抗議した。

続きを見る(PDF)

日米地位協定の抜本的な見直しを求めて-全道キャラバンを実施-

連合北海道は、7月 2 7 日から8月1日にかけて、「米軍基地の整理・縮小と日米地位協定の抜本的な 見直しを求める全道キャラバン」を実施した。

続きを見る(PDF)

北海道労働局前「昼休み」集会を開催【最賃情報№2】

連合北海道と連合北海道石狩地域協議会は8月4日、コロナ禍で大変厳しい状況の中2020年度北海道地域最低賃金額の改定審議が大きなヤマ場を迎えていることから、北海道労働局前で集会を開催し、大幅な引き上げや早期発効を求めて声を上げた。

続きはこちら

厳しい状況の中、最賃額改定審議スタート【最賃情報№1】

連合北海道最低賃金対策委員会は今年度の地域最低賃金の改定審議が本格化することを受けて、7月27日、札幌市内で第2回委員会を開催した。
委員会ではコロナ禍の中で出された中央最低賃金審議会(以下、中賃)・目安に関する小委員会の「引き上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」とする公益委員見解を受け、審議は大変厳しい状況にあるものの、改定目標を昨年同様1,000円とすることやヤマ場での集会開催などを確認した。

続きはこちら


トップページ → 新着記事一覧