トップページ → 新着記事一覧

北海道労働局前「昼休み」集会を開催【最賃情報№4】

連合北海道と連合北海道石狩地域協議会は7月28日、コロナ禍で大変厳しい状況の中で行われている2021年度北海道地域最低賃金額の改定審議を後方から支援しようと、北海道労働局前で集会を開催し、大幅な引き上げや早期発効を求めて声を上げた。

続きはこちら

大幅引き上げ、10月1日発効めざす【最賃情報№3】

連合北海道は7月19日、第2回最賃対策委員会(森下和彦委員長/連合北海道副会長)を札幌市内とwebで開催し、改定目標額をこれまで同様1,000円とすることや10月1日発効をめざすこと、さらには金額審議を後押しするために既に取り組んでいる地方議会での意見書採択やFAX行動の一層の取り組み強化、審議最終盤に向けての集会開催などを確認した。

続きはこちら

最賃情報№2

6月30日、第2回北海道地方最低賃金審議会が開催され、北海道労働局長から令和3年度の北海道最低賃金額改定について、調査審議を求める諮問を受けた。

続きはこちら

「2021北海道最低賃金改正等に関する要請」に対する回答

連合北海道は6月10日、北海道労働局に対して、最賃法の原則及び目安制度に基づいた審議を行うことや10月1日発効に向けた日程設定など「2021年度北海道最低賃金改正等に関する要請書」を提出したが、同25日、回答を受けた。
回答内容はこちら

今年度の最賃額改定審議がスタート【最賃情報№1】

中央最低賃金審議会(以下、中賃)が6月22日開催され、厚生労働大臣より令和3年度地域別最低賃金額改定の目安について調査審議するよう諮問された。また、北海道地方最低賃金審議会では、6月2日に今年度1回目の会合(持ち回り)が開催され、会長の選任や北海道最低賃金の改正決定に向けた審議日程などについて確認するなど、今年度の最賃額の改定審議がスタートした。

続きはこちら


トップページ → 新着記事一覧