トップページ → 新着記事一覧

【2020春季生活闘争】妥結情報 第2号

集中回答日の3日目となった3月12日は、電力総連1単組と運輸労連の9単組が、昨年と同水準以上で妥結した。

【2020春季生活闘争】妥結第2号

 

 

【2020春季生活闘争】妥結情報 第1号

2020春闘は、大手企業を中心とした先行組合の回答集中日を迎えた。

新型コロナウィルス感染拡大で景気の先行きに不透明感が増す中、北海道では、昨年を上回る水準での妥結が相次いだ。

特に留萌地域ユニオンの羽幌福祉分会(組合員82名)では、8,000円のベースアップ、総額12,000円で妥結した。

【2020春季生活闘争】妥結第1号

 

道内経済5団体へ賃金、労働条件改善等の要請書提出【春闘ニュースNo.05】

連合北海道は3月6日、札幌市内で道内の経済5団体(北海道経済連合会・北海道商工会議所連合会・北海道商工会連合会・北海道経済同友会・北海道中小企業団体連合会)に対して、2020春闘における連合の考え方を説明し、4%程度の賃金引き上げや、パート労働者等の均等待遇の実現をはじめとする雇用の安定・確保、長時間労働の是正を含む労働条件改善等4分野29項目の実現を求める要請書を提出した。
また、新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)対策についても、雇用者にとって不利な取り扱いがされないよう各会員企業に対して支援制度等の周知活動を一層徹底するよう強く求めた。

続きはこちら

『檄』2020春季生活闘争勝利!【春闘ニュースNo.04】

連合北海道2020春季生活闘争本部(杉山元本部長)は、3月6日、来週9日からの第一次先行組合の回答ゾーンを前に、各構成組織・各労働組合に向けて「檄」を発信した。

「檄」はこちら

北海道労働局、北海道へ要請行動を実施【春闘ニュースNo.03】

春季生活闘争交渉が本格化する3月を前に連合北海道は2月26日、北海道労働局に対して、今春闘における賃金引き上げ等に関する連合の考え方を説明するとともに、パート労働者等の均等待遇の実現や新卒者・若年労働者対策の強化、働き方関連法の施行に伴う周知・法令遵守を企業・団体へ働きかけること等、5分野45項目の実現を強く求めた。
また、同25日には鈴木知事宛にも自治体における非正規職員等の不安定雇用の解消、外国人労働者向けの労働相談体制、自治体財政の確立を求めて要請を行った。
今後は3月6日に北海道経済連合会をはじめとする経済5団体に対して、すべての労働者の賃金・労働条件等の改善を求めて要請と意見交換を行う予定。

続きはこちら


トップページ → 新着記事一覧